中古マンションを買うときの注意点

住居の形にはさまざまな種類があります。一軒家なのか、それともマンションやアパート等の集合住宅なのか、又は、持ち家なのか賃貸なのか、といった具合に、人それぞれ状況は違います。
また、現在の状況から、別の環境へ引っ越すことを検討する機会も多いです。子供が大きくなってきたから、今の家で手狭なので、広い部屋がある家に引っ越そうかと考える方は、数多く存在するでしょう。
そういった場合に、中古のマンション購入しようと考えている方には、いくつか留意しておいてもらいたい事項があります。
マンション購入は、多くの資金を必要としますし、長い期間住むことになるでしょうから、絶対に失敗はしたくないものです。
ですので、実際に購入する前に、しっかり準備をしておきましょう。
まず中古マンションには、オーナーチェンジ物件というものがあります。これは、その物件の所有権を購入することを言います。
このオーナチェンジ物件というのは、居住目的で購入することもありますが、一般的には、投資物件と呼ばれるものです。
その物件を人に貸し、その家賃収入を得ることを目的としているものですから、オーナーチェンジ物件の購入とは、人が住んでいる状態の物件を購入するということになります。また、マンション購入後に、その住民を追い出すなんてことは出来ませんので、オーナーチェンジ物件とは、居住目的では購入できないと言えるでしょう。
次に、一度マンション購入をしてしまうと、お金がまったくかからないとお思いの方もおられますが、購入した場合でもかかる費用というのはあります。まず毎月の光熱費などは当然として、そのマンションの管理費、そして修繕積立金を徴収するところがほとんどです。また、マンションは財産として扱われますから、固定資産税を支払う義務もあります。
これらの他にも諸経費がかかることがありますから、マンション購入の際には、購入後にかかる費用も頭に入れておかなければなりません。
そういったことを踏まえて、マンションの購入は時間をかけて吟味するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です