一戸建てとの違い

居住用不動産の購入では一戸建てとマンション購入に分かれますが、マンションと戸建住宅と違いについて把握することが物件購入の成功を別けるポイントになってきます。

マンション購入は区分所有となりますので、専有部分のみ所有することになります。共用部分については区分所有者全員で管理組合を作って管理していきますので、共有部分は個人で改修したりデザインを変更することができないという特徴があります。また玄関ドアや外部に面した窓、バルコニーやベランダも共有部分となりますので、リフォームを行う際にも自由度が少なくなります。マンション購入では、マンション特有の仕組みについて正しく理解しておかなければ、購入後に自由度が少ないことで後悔してしまうことがあるのです。

一方で一戸建て住宅には、土地を含めて全てを所有することができるという特徴があります。敷地内は所有者が全て自由にできるメリットがありますが、逆に全てが所有者の責任によって行わなければならないという面もあります。

マンション購入でも区分所有によって土地を所有できますが、どこが所有地なのかわかりませんし、土地を売却したり資産活用に利用することはできないのです。一戸建て住宅は、土地を自由にできる点がマンション購入とは大きく違う部分となります。余程大きな損害を与える出来事がなければ、土地の価格は半永久的に価値を保ちますので、いざとなれば売却して資金を得ることも可能なのです。

マンション購入のメリットには、中古物件としての価値の高さがあります。マンションは鉄筋コンクリート造となっていますので、耐久性が高く建て替え無しで長く住めるという特徴があります。一戸建て住宅では木造が多くなるため、耐久性ではマンションのほうが高くなるのです。ですから中古マンションを購入してリノベーションによって新しく生まれ変わらせることも可能なのです。戸建住宅とマンションには、同じ居住用物件と言っても全く特徴が異なりますので、十分に検討してから購入する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です